補助金・助成金活用したホームページ作成


日本商工会議所が行っている小規模事業者持続化補助金、または各自治体などが行っている助成金や補助金を使ってホームページを作る方が増えております。
特に小規模事業者持続化補助金の場合、新たな販促用PR(マスコミ媒体での広告、ウェブサイトでの広告)やネット販売システムの構築が含まれます。

その際にネックとなるのが納期です。
補助金や助成金を利用する場合、申請日が決まっているために割と短納期のケースが多いです。
申請締切間際になっての駆け込み申込で折角の機会でどうしようと悩んでしまう方へ、弊社では補助金・助成金の申請日にあわせたサイト作成にも対応致します。
まだ5例ほどですが実際にご活用頂いたお客様もおります。

締切に間に合わない!という方のサービス流れ

1.ヒアリングさせて頂きまして、内容構成(ページ構成)を決定します。
2.一旦市販テーマや弊社テンプレートにて暫定版を作成し、ページ記事を流し込み一旦公開します(機関提出用)
3.後日オリジナルデザインで再構成します(ページ記事などはそのまま流用可能です)
4.完成(以後更新)

 

助成金や補助金を使ってホームページを作るメリット

・制作費の自己負担軽減になる(補助金や助成金の額によって変わりますが、半額自己負担~3分の1自己負担で済みます)
・予算をかけて頂く分、より理想的なHPに仕上がります。
・条件を満たしていれば申請可能。

また補助金や助成金は事業者のある各自治体や商工会議所などで内容・条件など様々です。
申請も含めてご希望の方は、弊社より補助金や助成金の申請に対応してくれる士業の方をご紹介します。
まずはお気軽にお問い合わせください。

ページ上部へ戻る